私の結婚式で両親への手紙を読むべきか・・・

結婚式にも色々な演出がありますが、その中でも定番のものというと手紙です。特に新婦が両親に向けて手紙を読むことはよくあり、結婚式の中でも1、2を争うくらいの感動シーンでしょう。
しかしこうしたことは、無理にやらなくても構いません。その理由として、両親への感謝は内々にプライベートで伝えてもいいからです。実は結婚式での手紙については、以前から一定数反対派の人もいます。これは無理に結婚式内で両親に手紙を書かなくても、その他の場所でいくらでもできるだろうという考えがあるからです。そのせいで手紙を読むことを、お涙頂戴のパフォーマンスと揶揄する人もいます。
よって両親への手紙については、よくある演出だからといって必須に捉える必要はありません。もしもこうした場でなければ逆に言いにくいということであれば、自分たちが主役なわけですから積極的に行いましょう。照れ臭いし言いにくいと思えば、別の機会に回してもいいのです。
とはいえ、結婚式はまさに晴れの舞台なのには違いありません。こういった場だからこそ伝わる感謝や感動もあり、最大限の気持ちを伝えるには絶好の機会です。また基本的に、手紙は両親には内緒の名目で書きます。ですがあまりに定番過ぎて書いて当然のような空気感もありますし、逆に書かずにいると出席者を拍子抜けさせる可能性も考えておきましょう。
つまりは、なるべく手紙は読んだ方がいいというのが結論です。もし何かしら抵抗感を覚えるようなら、出席者である他の親族や友人のことも交えると書きやすくなります。ありがとうの気持ちがあればそれで構いませんし、長文を書き連ねる必要はありません。思いのままに書いた手紙を、結婚式の中で読み上げてください。
詳細については、プランナーと相談して決めればいいでしょう。過去にはどういった手紙があったかなども、一緒に知ることができます。一番は自分たちのやりたいようにやることですし、自分の気持ちを素直に尊重すれば後悔も少なくなります。